カルバトールの購入方法

患者を診ている医者

カルバトールはてんかんの治療薬として用いられるほか、躁うつ病にも効き目があることで知られています。
ただし日本では、普通の薬局で購入することはできません。
カルバトールと同じ成分の薬は、厚生労働省の認可を受けているため、医療機関へ行けば医師に処方してもらえます。
しかしカルバトールはジェネリック医薬品で、日本で販売することは認められていないので、薬局はもちろん医師からも購入できないのが普通です。
抗てんかん薬は長い間服用し続けなければなりません。
少しでも安価なジェネリックを購入したくなるのは当然といえます。
また躁うつ病の薬を服用していることは、他人に知られたくない場合も多いでしょう。
海外ではカルバトールが普通に販売されている国も多いので、外国へ行って購入することは可能ですが、コストを考えれば引き合いません。
そのようなとき利用できるのが個人輸入です。
医薬品の個人輸入は、自分で使用する分に限っては合法です。
輸入した薬を他人に売ってはいけませんし、他人の分を一緒に輸入することもできません。
大量に輸入すると販売目的と見なされるため、劇薬や毒薬に類する薬は1回につき1か月分、その他の薬は2か月分だけの輸入が認められています。
個人で輸入する手続きは面倒なので、代行業者に頼むのが一般的です。
インターネットでも個人輸入代行業者のサイトを数多く見つけられます。
これらのサイトを利用すれば、カルバトールを通販で簡単に購入できます。
他人に知られたくないときは、商品名を隠して発送してくれる業者もあります。
ただし偽物を販売したり、商品が届かなかったりする悪質業者もあるので、利用の際には口コミサイトなども参照して、実績のある業者を選ぶことが大切です。